美しい言葉

asahi_s 朝日の中で微笑んで Hi-Fi Set
この曲はもちろんユーミンの作品ですが、山本潤子さん(Hi-Fi Set)の歌う
このバージョンがとても素晴らしいです。
この曲の詩が抒情的で、あまりユーミンらしくはないのですが言葉の美しさが
特に印象的で大好きな曲の一つです。

今ではあまり使われることの少ない美しい表現を宿した言葉。

薔薇の色さえ うつろわす  ※色を変える
うたかたでも        ※はかなく消えやすいもの
身をやつすの        ※夢中になること
決まるさだめが       ※運命・宿命

ユーミンは意識してこれらの言葉を使ったのだろうと思います。
日本語の綺麗な表現であるこれらの言葉からインスピレーションが与えられて
生まれた曲ではないかと勝手に妄想してしまいました。

♪~薔薇の色さえ うつろわす

     時の流れが とてもこわい~♪

♪~カード一枚ひくように
      決まるさだめが とてもこわい~♪

この感覚を素直に詩に託すことのできるユーミンがすごい!と感じる曲でした。

潤子さんの声は心にしみる、何を聞いても切なくなるね~~~

 

 

東京の顔

gyoen_1s gyoen_2s
nedu_1s nedu_2s
夏休み2日目、本日はやっぱり猛暑です。半袖ら露出した腕が
日に焼けました。

最初の探訪は新宿です。
新宿御苑はやっぱり良いですね。都会の真ん中にこんな自然があるんだから、
200円の入場料を100円にしてくれたら言うことなしなんだけどね~
芝生がフカフカで、普段アスファルトやコンクリートの上だけを歩いているので
その浮遊感は何ともいえない感覚でした。

お次は文京区根津です。
下町の根津、あまりの暑さで1か所のみの探索でしたが、この「はん亭」の
建物はノスタルジックでよかったです。
画家の滝田ゆうさんの絵に出てきそうな感じの建物でした。
下町はまだまだ探せば風情と情緒が見つかるエリアだと思います。

根津の地下鉄駅の中にこんな図書館がありました。
勝手に持って行って読み終えたら返す、これだけのことですが、小さい信頼の上に成り立っているシステム。何の疑いもなく本が戻ってくるものとして存在する地下鉄構内の無人図書館、人の善意が特別なことではなく、普通のこととしてそこにあること、日本人の美徳、躾、そんなことが見えてくるようです。
遠い昔、善い行いも、悪い行いも「お天道様がちゃんと見ていますよ」って、
よく言われた言葉がありましたがそんな事柄が日本人のこころの原点のような気がします。
また機会があったら探索しようかな~下町。