雨  ~~その1

José Feliciano

うっとうしい雨の月は、どのように過ごすべきか。
雨を心待ちにする人たちには、恵みの雨なのだから、ただ毛嫌いするのもいかがなものか・・・・・・・。
でも、行動を制限する雨が憎らしいと想うのは、私だけではないはずだ。
イギリス人は傘をささないって聞いたような気がするが、本当だろうか?
そのために、レインコートを着るらしいが・・・
春雨なら、ぬれてもいいらしいと、いにしえの日本男児が見本を見せたが、
10月の雨なら、パンツまでぬれる。
これには現代の草食男子は、耐えられないことだろう。
エアコンの効いた部屋に閉じこもり、ホセ・フェルシアーノの「Rain」 邦題「雨のささやき」でも聞いて晴れる日を待つとしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*